読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日出ツル處の憲法

ニッポンの憲法比較サイト

第五十七条「会議及び会議録の公開等」

第四章「国会」

日本国憲法

第五十七条

 両議院の会議は、公開とする。但し、出席議員の三分の二以上の多数で議決したときは、秘密会を開くことができる。

 2 両議院は、各々その会議の記録を保存し、秘密会の記録の中で特に秘密を要すると認められるもの以外は、これを公表し、且つ一般に頒布しなければならない。

 3 出席議員の五分の一以上の要求があれば、各議員の表決は、これを会議録に記載しなければならない。

 

日本国憲法改正草案(自由民主党)

第57条(会議及び会議録の公開等)

 1 両議院の会議は、公開しなければならない。ただし、出席議員の三分の二以上の多数で議決したときは、秘密会を開くことができる。

 2 両議院は、各々その会議の記録を保存し、秘密会の記録の中で特に秘密を要すると認められるものを除き、これを公表し、かつ、一般に頒布しなければならない。

 3 出席議員の五分の一以上の要求があるときは、各議員の表決を会議録に記載しなければならない。

 

憲法草案要綱(憲法研究會案)

第二十五条

 議会の会議は公開す。秘密会を廃す。

 

Constitution of Japan(MacArthur:GHQ)

Article LIII.

 The deliberations of the Diet shall be public, and no secret sessions shall be held.

 The Diet shall maintain and publish a record of its proceedings and this record shall be made available to the public.

 The individual votes of members on any question shall be recorded in the journal upon the demand of twenty per cent of those present.

 

マッカーサー草案(GHQ草案)外務省仮訳

第五十三条

 国会ノ議事ハ之ヲ公開スベク、秘密会議ハ之ヲ開クコトヲ得ズ。

 国会ハ、其ノ議事ノ記録ヲ保存シ、且発表スベク、一般公衆ハ此ノ記録ヲ入手シ得ベシ

 出席議員二割ノ要求アルトキハ、議題ニ対スル各議員ノ賛否ヲ議事録ニ記載スベシ

 

大日本帝国憲法

第48条

 両議院ノ会議ハ公開ス但シ政府ノ要求又ハ其ノ院ノ決議ニ依リ秘密会ト為スコトヲ得

 

五日市憲法(日本帝国憲法)

第一一〇条

 国会は総て公行し、公衆の傍聴を許す。

 但し国益のため、あるいは特異の時機に際し秘密会議を開くことを要すべきにおいては、議員十人以上の求めによって各院の議長、傍聴を禁止するを得。

 

東洋大日本国国憲案

第161条

 聯邦の立法会議は公に傍聴を許るす。其特異の時機に際しては秘密にするを得。

 

日本国憲按

第五十九条

 元老院の会議は公行とす。然れとも議長若くは議官五人の求めに依り密会を行ふ事を得

 

帝号大日本国政典

第四十一章

 議院を開閉する事、全く皇帝陛下の威権に帰すべし。

 

第五十九章

 議官会場に列するときは、各自の勘考を吐露し、公然討論を放つて忌憚なかるべし。且つ衆庶をして其議を公聴せしむべし。但し議長官たる者は事体の便宜に従ひ、会場を閉ちて密議せしむるの権利あるべし。

 諸般の議論をして判決せしむるときは、議長官たる者先つ議士の可否を問い、其員数の多少を以て一決を判すべし。

 但し議院に於て某典則を草案し、或は某事件を精密に験査するときは、議員中より更に数名の委員を撰して事務を調理せしむる事を得べし。