読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日出ツル處の憲法

ニッポンの憲法比較サイト

第七十二条「内閣総理大臣の職務」

日本国憲法

第七十二条

 内閣総理大臣は、内閣を代表して議案を国会に提出し、一般国務及び外交関係について国会に報告し、並びに行政各部を指揮監督する。

 

日本国憲法改正草案(自由民主党)

第72条(内閣総理大臣の職務)

 1 内閣総理大臣は、行政各部を指揮監督し、その総合調整を行う。

 2 内閣総理大臣は、内閣を代表して、議案を国会に提出し、並びに一般国務及び外交関係について国会に報告する。

 3 内閣総理大臣は、最高指揮官として、国防軍を統括する。

 

Constitution of Japan(MacArthur:GHQ)

Article LXIV.

 The Prime Minister introduces bills on behalf of the Cabinet, reports to the Diet on general affairs of State and the status of foreign relations, and exercises control and supervision over the several executive departments and agencies.

 

マッカーサー草案(GHQ草案)外務省仮訳

第六十四条

 総理大臣ハ、内閣ニ代リテ法律案ヲ提出シ、一般国務及外交関係ヲ国会ニ報告シ、並ニ行政府ノ各部及各支部ノ指揮及監督ヲ行フ

 

内閣職権

第三条

 内閣総理大臣は内閣の会議を総括し議事を整理すへし

 

第四条

 内閣総理大臣は行政全部を統督し各部の成績に付説明を求め及ひ之を検明することを得

 

東洋大日本国国憲案

第173条

 聯邦執政は議案を草して立法議会に提出するを得。又議会に参するを得。決議の数に入ることを得ず。

 

帝号大日本国政典

第五十六章

 各省卿たる者は同心脇力、皇帝をして政規に則り、典則に戻らずして万政を調理せしむる事、全く其職務たるべし。

 且つ諸卿中太政大臣、副大臣の官位あるべし。