読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日出ツル處の憲法

ニッポンの憲法比較サイト

第六十八条「国務大臣の任免」

第五章「内閣」

日本国憲法

第六十八条

 内閣総理大臣は、国務大臣を任命する。但し、その過半数は、国会議員の中から選ばれなければならない。

 2 内閣総理大臣は、任意に国務大臣を罷免することができる。

 

日本国憲法改正草案(自由民主党)

第68条(国務大臣の任免)

 1 内閣総理大臣は、国務大臣を任命する。この場合においては、その過半数は、国会議員の中から任命しなければならない。

 2 内閣総理大臣は、任意に国務大臣を罷免することができる。

 

憲法草案要綱(憲法研究會案)

第三十条

 総理大臣は両院議長の推薦によりて決す。

 各省大臣国務大臣は総理大臣任命す。

 

Constitution of Japan(MacArthur:GHQ)

Article LV.

 The Diet by a majority vote of those present shall designate the Prime Minister.

 The designation of a Prime Minister shall take precedence over all other business of the Diet.

 The Diet shall establish the several Ministries of State.

 

Article LXII.

 The Prime Minister shall with the advice and consent of the Diet appoint Ministers of State.

 The Prime Minister may remove individual Ministers at will.

 

マッカーサー草案(GHQ草案)外務省仮訳

第五十五条

 国会ハ、出席議員ノ多数決ヲ以テ総理大臣ヲ指定スベシ

 総理大臣ノ指定ハ、国会ノ他ノ一切ノ事務ニ優先シテ行ハルベシ

 国会ハ、諸般ノ国務大臣ヲ設定スベシ

 

第六十二条

 総理大臣ハ、国会ノ輔弼及協賛ヲ以テ、国務大臣ヲ任命スベシ

 総理大臣ハ、個々ノ国務大臣ヲ任意ニ罷免スルコトヲ得

 

大日本帝国憲法

第4章 国務大臣及枢密顧問

第55条

 国務各大臣ハ天皇ヲ輔弼シ其ノ責ニ任ス

 2 凡テ法律勅令其ノ他国務ニ関ル詔勅ハ国務大臣ノ副署ヲ要ス

 

内閣職権

第七条

 各大臣事故あるときは臨時命を承けて他の大臣其事務を管理することあるへし

 

五日市憲法(日本帝国憲法)

第一六二条

 太政大臣は国帝に奏し内務以下、諸省の長官を任免するの権あり。

 

東洋大日本国国憲案

第172条

 主相は皇帝に奏して諸省の長官を任命するを得。

 

憲法大綱領

第6条

 天皇は大臣以下文武重官任免の権を有すること

 

憲法中綱領之議

第5条

 聖上みずから大臣以下、文武の重官を採択進退し賜うこと

 (付)内閣宰臣たる者は、議員の内外にとらわらざること(内閣の組織は議院の左右する所に任せざるべし)

 

竹下弥平憲法草案

第五条

 太政大臣(すなわち行政の首官たる重任)および左右大臣は左右両院の選挙をもって定むべし。

 

帝号大日本国政典

第五十四章

 各省卿責任の箇条及其過失あって訴訟せらるるときは、裁判の手続及懲治の方法等は別に典則を以て之を定制すべし。〔「第一訟庭及探題官より裁判せは如何?」〕

 

第五十五章

 各省卿疾患に悩み、或は公許旅行せしときは、大輔たる者姑く其名代たるべし。

 但し名代せる時限中行政典則に戻るときは、大輔たる者独り其責任に当るべし。