読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日出ツル處の憲法

ニッポンの憲法比較サイト

第八十条「下級裁判所の裁判官」

第六章「司法」

日本国憲法

第八十条

 下級裁判所の裁判官は、最高裁判所の指名した者の名簿によつて、内閣でこれを任命する。その裁判官は、任期を十年とし、再任されることができる。但し、法律の定める年齢に達した時には退官する。

 2 下級裁判所の裁判官は、すべて定期に相当額の報酬を受ける。この報酬は、在任中、これを減額することができない。

 

日本国憲法改正草案(自由民主党)

第80条(下級裁判所の裁判官)

 1 下級裁判所の裁判官は、最高裁判所の指名した者の名簿によって、内閣が任命する。その裁判官は、法律の定める任期を限って任命され、再任されることができる。ただし、法律の定める年齢に達した時には、退官する。

 2 前条第五項の規定は、下級裁判所の裁判官の報酬について準用する。

 

Constitution of Japan(MacArthur:GHQ)

Article LXXII.

 The judges of the inferior courts shall be appointed by the Cabinet from a list which for each vacancy shall contain the names of at least two persons nominated by the Supreme Court.

 All such justices shall hold office for a term of ten years with privilege of reappointment and shall receive, at regular, stated intervals, adequate compensation which shall not be decreased during their terms of office.

 No judge shall hold office after attaining the age of 70 years.

 

マッカーサー草案(GHQ草案)外務省仮訳

第七十二条

 下級裁判所ノ判事ハ、各欠員ニ付、最高法院ノ指名スル少クトモ二人以上ノ候補者ノ氏名ヲ包含スル表ノ中ヨリ、内閣之ヲ任命スベシ

 右判事ハ、凡ベテ十年ノ任期ヲ有スベク再任ノ特権ヲ有シ、定期ニ適当ノ報酬ヲ受クベシ。報酬ハ、任期中減額セラルルコト無カルベシ

 判事ハ、満七十歳ニ達シタルトキハ退職スベシ