読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日出ツル處の憲法

ニッポンの憲法比較サイト

第八十六条「予算」

第七章「財政」

日本国憲法

第八十六条

 内閣は、毎会計年度の予算を作成し、国会に提出して、その審議を受け議決を経なければならない。

 

日本国憲法改正草案(自由民主党)

第86条(予算)

 1 内閣は、毎会計年度の予算案を作成し、国会に提出して、その審議を受け、議決を経なければならない。

 2 内閣は、毎会計年度中において、予算を補正するための予算案を提出することができる。

 3 内閣は、当該会計年度開始前に第一項の議決を得られる見込みがないと認めるときは、暫定期間に係る予算案を提出しなければならない。

 4 毎会計年度の予算は、法律の定めるところにより、国会の議決を経て、翌年度以降の年度においても支出することができる。

 

Constitution of Japan(MacArthur:GHQ)

Article LXXIX.

 The Cabinet shall prepare and submit to the Diet an annual budget setting forth the complete government fiscal program for the next ensuing fiscal year, including all proposed expenditures, anticipated revenues and borrowings.

 

Article LXXX.

 The Diet may disapprove, reduce, increase or reject any item in the budget or add new items.

 The Diet shall appropriate no money for any fiscal year in excess of the anticipated income for that period, including the proceeds of any borrowings.

 

マッカーサー草案(GHQ草案)外務省仮訳

第七十九条

 内閣ハ、一切ノ支出計画並ニ歳入及借入予想ヲ含ム、次期会計年度ノ全財政計画ヲ示ス年次予算ヲ作成シ、之ヲ国会ニ提出スベシ

 

第八十条

 国会ハ、予算ノ項目ヲ不承認、減額、増額若ハ却下シ、又ハ新タナル項目ヲ追加スルコトヲ得

 国会ハ、如何ナル会計年度ニ於テモ、借入金額ヲ含ム同年度ノ予想歳入ヲ超過スル金銭ヲ支出スベカラズ

 

大日本帝国憲法

第64条

 国家ノ歳出歳入ハ毎年予算ヲ以テ帝国議会ノ協賛ヲ経ヘシ

 

第67条

 憲法上ノ大権ニ基ツケル既定ノ歳出及法律ノ結果ニ由リ又ハ法律上政府ノ義務ニ属スル歳出ハ政府ノ同意ナクシテ帝国議会之ヲ廃除シ又ハ削減スルコトヲ得ス

 

第68条

 特別ノ須要ニ因リ政府ハ予メ年限ヲ定メ継続費トシテ帝国議会ノ協賛ヲ求ムルコトヲ得

 

第71条

 帝国議会ニ於イテ予算ヲ議定セス又ハ予算成立ニ至ラサルトキハ政府ハ前年度ノ予算ヲ施行スヘシ

 

東洋大日本国国憲案

第3章 行政府

第177条

 聯邦行政官府は毎歳国費に関する議案を草し、立法議会に出す。

 

第12編 財政

第204条

 憲法に依るに非れば政府は国債を起すを得ず。

 

第205条

 憲法に依らざれば政府は諸債の立つことを得ず。

 

日本国憲按

第七十八条

 政府は毎年翌年の国費概算及び国費を支ゆ可き意見書を元老院に送致し、且租税の徴収及び其費用をなせし報告書を送致して以て其検査と承認とを得べし

 

第八十二条

 貨幣の斤量、品性、及価直は法律之を定む