読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日出ツル處の憲法

ニッポンの憲法比較サイト

第五十一条「議員の免責特権」

日本国憲法

第五十一条

 両議院の議員は、議院で行つた演説、討論又は表決について、院外で責任を問はれない。

 

日本国憲法改正草案(自由民主党)

第51条(議員の免責特権)

 両議院の議員は、議院で行った演説、討論又は表決について、院外で責任を問われない。

 

Constitution of Japan(MacArthur:GHQ)

Article XLIV.

 Members of the Diet shall in all cases, except those specified by law, be free from arrest while attending the sessions of the Diet or while traveling to and from such sessions; and for any speech, debate, or vote in the Diet, they shall not be held legally liable elsewhere.

 

マッカーサー草案(GHQ草案)外務省仮訳

第四十四条

 国会議員ハ、法律ノ規定スル場合ヲ除クノ外、如何ナル場合ニ於テモ、国会ノ議事ニ出席中、又ハ之ニ出席スル為ノ往復ノ途中ニ於テ、逮捕セラルルコト無カルベク、又国会ニ於ケル演説、討議、又ハ投票ニ因リ、国会以外ニ於テ法律上ノ責ヲ問ハルルコト無カルベシ

 

大日本帝国憲法

第52条

 両議院ノ議員ハ議院ニ於テ発言シタル意見及表決ニ付院外ニ於テ責ヲ負フコトナシ但シ議員自ラ其ノ言論ヲ演説刊行筆記又ハ其ノ他ノ方法ヲ以テ公布シタルトキハ一般ノ法律ニ依リ処分セラルヘシ

 

五日市憲法(日本帝国憲法)

第九一条

 民撰議院の議員は院中においてなしたる討論・演説のために裁判に訴告を受くることなし。

 

東洋大日本国国憲案

第3章 立法議員の権力

第139条

 聯邦立法議員は其職を行ふに附き発言したる意見に就て糾治検索せらるることなし。

 

日本国憲按

第六十条

 議官は其職を行ふに付き発言したる意見の為め審糾せらるる事なし。但し院中の条例に循ふは此例にあらす