読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日出ツル處の憲法

ニッポンの憲法比較サイト

第十二条「国民の責務」

第三章「国民」

日本国憲法

第十二条

 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

 

日本国憲法改正草案(自由民主党)

第12条(国民の責務)

 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力により、保持されなければならない。国民は、これを濫用してはならず、自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公益及び公の秩序に反してはならない。

 

憲法草案要綱(憲法研究會案)

第十八条

 国民は民主主義並平和思想に基く人格完成・社会道徳確立、諸民族との協同に努むるの義務を有す。

 

Constitution of Japan(MacArthur:GHQ)

Article XI.

 The freedoms, rights and opportunities enunciated by this Constitution are maintained by the eternal vigilance of the people and involve an obligation on the part of the people to prevent their abuse and to employ them always for the common good.

 

マッカーサー草案(GHQ草案)外務省仮訳

第十一条

 此ノ憲法ニ依リ宣言セラルル自由、権利、及機会ハ、人民ノ不断ノ監視ニ依リ確保セラルルモノニシテ、人民ハ其ノ濫用ヲ防ギ常ニ之ヲ共同ノ福祉ノ為ニ行使スル義務ヲ有ス

 

五日市憲法(日本帝国憲法)

第四五条

 日本国民は各自の権利自由を達すべし。他より妨害すべからず。且つ国法これを保護すべし。

 

十七条憲法

一に曰はく

 和を以て貴しと為し、さからふこと無きを宗と為す。

 人皆党有りて、また達者少し。

 是を以て或は君父にしたがはずして、たちまち隣里に違ふ。

 然れども上やはらぎ下むつびて、事をあげつらふにととのへば、則ち事理自ら通ず、何事か成らざらむ。