読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日出ツル處の憲法

ニッポンの憲法比較サイト

第二十条「信教の自由」

日本国憲法

第二十条

 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

 2 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。

 3 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

 

日本国憲法改正草案(自由民主党)

第19条の2(個人情報の不当取得の禁止等)

 何人も、個人に関する情報を不当に取得し、保有し、又は利用してはならない。

 

第20条(信教の自由)

 1 信教の自由は、保障する。国は、いかなる宗教団体に対しても、特権を与えてはならない。

 2 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。

 3 国及び地方自治体その他の公共団体は、特定の宗教のための教育その他の宗教的活動をしてはならない。ただし、社会的儀礼又は習俗的行為の範囲を超えないものについては、この限りでない。

 

憲法草案要綱(憲法研究會案)

第八条

 国民の言論・学術・芸術・宗教の自由に妨げる如何なる法令をも発布するを得ず。

 

Constitution of Japan(MacArthur:GHQ)

Article XIX.

 Freedom of religion is guaranteed to all.

 No religious organization shall receive special privileges from the State, nor exercise political authority.

 No person shall be compelled to take part in any religious acts, celebrations, rites or practices.

 The State and its organs shall refrain from religious education or any other religious activity.

 

マッカーサー草案(GHQ草案)外務省仮訳

第十九条

 宗教ノ自由ハ何人ニモ保障セラル

 如何ナル宗教団体モ、国家ヨリ特別ノ特権ヲ受クルコト無カルベク、又政治上ノ権限ヲ行使スルコト無カルベシ

 何人モ宗教的ノ行為、祝典、式典又ハ行事ニ参加スルコトヲ強制セラレザルベシ

 国家及其ノ機関ハ、宗教教育又ハ其ノ他如何ナル宗教的活動ヲモ為スベカラズ

 

五日市憲法(日本帝国憲法)

第五六条

 およそ日本国民は何宗教たるを論ぜずこれを信仰するは各人の自由に任す。されども政府は何時にても国安を保し、および各宗派の間に平和を保存するに応当なる処分をなすことを得。

 但し国家の法律中に宗旨の性質を負わしむるものは国憲にあらざるものとす。

 

東洋大日本国国憲案

第50条

 日本人民は如何なる宗教を信ずるも自由なり。

 

日本国憲按

第四十五条

 日本国民は各自に信仰する所の宗旨を奉する事自由なりとす。然れとも民事政事に妨害をなすは之を禁す

 

帝号大日本国政典

第十八章

 諸種の宗教を感念信仰する事、各人民の随意たるべし。

 且宗教の異同は人民権利の多少及異同を誘起する事を得ず。

 

十七条憲法

二に曰はく

 篤く三宝を敬へ。

 三宝は仏法僧なり。

 則ち四生の終帰、万国の極宗なり。

 何の世、何の人か是の法を貴ばざる。

 人はなはだ悪しきものすくなし。

 能く教ふるをもて従ふ。

 其れ三宝に帰せずんば、何を以てかまがれるを直さむ。